本文へ移動

スタッフブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

4回目の訪問!!

2018-10-11
キャンプ場入り口の飾り
やってきましたハロウィンシーズン!!
行ってきました軽井沢スウィートグラス!!
我が家のキャンプデビューから数えて4回目の訪問となります。
 
今回の目的は毎年実施されているカントリーフェスタへの参加です。去年も参加目的で訪問したのですが、生憎天気が悪くイベントに参加した事自体の印象が薄い状態です・・・
今年は天候にも恵まれ無事にイベントに参加です(^_^)v
 
当イベントも15回目を迎えるようで、去年は土日の二日間で行われましたが、今年は体育の日を含む三日間と長丁場です。
スウィートグラス訪問時は、長野県ご当地スーパーのツルヤ軽井沢店にて買い出しをしてから目的地へ向かいます。ちなみに、このスーパーは契約農家からの生鮮品や、オリジナルブランド、お土産品など多彩な品揃えで余計な物まで手を出しそうになる誘惑の多いスーパーです。そんな誘惑と戦いながら買い物を済ませ、キャンプ場に向けて出発です。途中、毎度賑わいを見せている軽井沢星野エリアをスルーし約30分程度で到着です。
(左)娘作 (右)息子作
チェックインは13時なのですが、11時30分過ぎに到着してしまったので、車内にてツルヤ調達のお弁当でお昼ご飯を済ませます。その後、ハロウィンと言えばコレ!!『ジャック・オー・ランタン』を作ります。大小様々なカボチャが並んでいるので、子供達はそれぞれ好きな物を選び作業開始です。まずは、カボチャの底をコブシ大に刳り貫き、中の種や繊維質をスプーン・料理用お玉を使って取り除きます。取り除きが終わったら、表面に刳り貫きたい模様に絵を書き、細長いノコギリで刳り貫き作業です。息子はさすがに手伝いが少なくて済みましたが、娘の方はノコギリをカボチャに刺すのがやっとの状態で、刳り貫き作業は断念し親がやる事に・・・(;^_^A
我ながら上手に仕上がったと思いますwww
夜にロウソクを灯すのが楽しみです。
ランタン作りが終わる頃にはチェックインが出来る時間になっていたので、受付を済ませ車を移動し必死に設営です。何故必死なのかと言うと、15時30分から当イベントの開会式があり、そのままハロウィンハンターと言う謎解きプログラムに突入するので、設営はその前に意地でも終わらせる必要があったからです。必死にやった甲斐もあり無事に設営が終了し、開会式へ・・・その後、地図と問題を手に家族で知恵を絞りキャンプ場内を右往左往し、色々な謎や課題をクリアしていきました。全問正解するとくじ引きが引けます。運が良ければ1万円以上するような景品も当たります。残念ながら我が家は陶器のマグカップでした。ちなみに一緒に行った私の姉家族はコット(簡易ベッド)12000円相当を当ててました。
 
夜は恒例のキャンプファイヤーですが、子供とママ達だけで参加したので内容は分かりません。まあ、お約束のジェンカはやってたのは聞こえてくる音で分かりましたが・・・
 
 
二日目・・・この日が中日と言う事でメインイベントです。
10時~16時まで大運動会です!!
前半、後半で3競技ずつ計6競技で、参加者は4チーム(赤・青・黄・緑)に分かれてチーム対抗戦で競います。我々は赤チームで赤いリストバンドと首にバンダナを着けてチーム結成です。
最初の競技はチームの団結力を試すと言う事で、団長が箱に入っているお題目を引いてそれを全員でクリアすると言うものでした。お題の例としては、ジェスチャークイズや全員で〇〇の形を作るなど見知らぬ家族同士がコミュニケーションを取れるような内容になっていて、うまく考えられていると思いました。最初の競技は準備されていたお題を時間内に全てクリアしました。他のチームはクリアならずですw
 
一部ダイジェスト版でお届けします>>
 
2競技目:料理用のお玉やヘラを使って、木くずを運びその重さを競う競技
1回目:最下位 2回目:1位
1回目は1位のチームと重さが倍違いました。どうやら、計りへ載せる時に位置によって計量結果が変わってしまうようで、1回目は少なく出てしまったようです。残念!!
 
3競技目:荷台を4人で持ちカボチャを運ぶリレー
2チームずつ行いタイムレースです。最初の組でレースを行い大差で先着しました。2組目はそんなに大きな差は無くレース終了です。結果は・・・お昼休みに発表していたので聞き逃してしまいました(゚Д゚;)
 
4競技目:頭にお皿を載せてお題のポーズを取るバランス競技
お題のポーズが全て終了した時点で落としていない人数で得点を得られるシステムです。各チーム大きな差は無かった様に思いますが、黄チームが若干点数を伸ばしました。
 
<<ダイジェスト終了
 
5競技目:カボチャをバトン代わりに行う障害物競争
二人一組で行い障害物を乗り越えて行くリレー形式の競技です。まあ、障害物自体は二人じゃないとダメって訳ではないのですが・・・。競技は、幼児、小学生、中学生以上と3グループに分かれて実施されました。幼児はリレーではなく網をくぐるだけの徒競走です。その他の2グループはカボチャを持って走り、網をくぐって小麦粉からアメを探してバトンタッチです。ここで、小学生の部、小麦粉ゾーンで事件が起こります。ある男子二人の組がどちらも小麦粉に顔をつけるのをためらい、全然アメが取れないで遅れて行きました。何とかアメを取ってコースに復帰するかと思ったら、訳の分からない方向へ走り出し大幅なタイムロス・・・別の組でも小麦粉の後に走る方向を間違い・・・結果、最下位です( ;∀;)
それでも、中学生以上の大人グループは奮闘し何とか2位に食い込みました。
 
最終競技:綱引き
そうです!!シンプルなヤツです。
4チームによるトーナメント方式です。
最初に我が赤チームと青チームで勝負です。ここは劣勢になる事もなく勝利です(^_^)v
引き続き黄チーム対緑チームが勝負です。目の前に緑チームがいたのですが、いささか赤チームより体格の良い方々が多いように見えました。そこへ嫁が来て「黄色の方が・・・」って・・・。勝負の行方は、最初緑が優勢でしたが、徐々に黄が引き始めそのまま勝利です。続いて敗者同士による3位決定戦です。この勝負で黄の実力が多少図れると思い様子を伺います。ここでは、緑が危なげなく勝利です。やはり黄は強いのか・・・
いざ勝負!!!!!
レディー・・・GO!!合図と共に一斉に引っ張り、スタートダッシュに成功し多少引き込みました。その後、しばらく膠着状態が続き綱が動かない・・・一瞬持って行かれそうになりましたが、ジワリジワリと引っ張り・・・結果優勝です\(^o^)/
 
総合結果、赤チームは最後までトップの座を明け渡す事なく優勝しました!!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
障害物競争の小麦粉 芸人さんがやるアレですw
ぶっちぎちの優勝!!
二日目の夜はランタンコンテストです。
初日に作ったランタンを飾り投票により表彰ありです。
表彰の部門が4つに分かれていて、それぞれに1作品投票する事が出来ます。
夕方ランタンを展示場所に置きエントリーです。
日没後・・・火の灯されたランタンを確認し、投票作品を選び投票終了です。夕食を取りのんびりしていると、イベント会場からアナウンスの声が聞こえ始め、ランタンコンテストの結果発表が始まった様子なので、期待をせずに会場へ向かいます。会場付近まで来た時でした・・・番号が呼ばれています・・・「34番」・・・えっ!?34番!!息子のエントリー番号ではないだろうか?と思った次の瞬間名前も呼ばれ息子の名前でした。息子は途中でトイレによっていたので、大きな声で「トイレで~す!!」と叫び場内が笑いに包まれ、直後に息子が走って登場しました。入賞の景品を貰い次の賞の発表です。司会の方が「おっと!?これは続いていますねぇ~・・・」何の事かと思ったら、どうやら番号が続いているのと、名前の苗字が同じ事で察したようで、娘の番号と名前が呼ばれました。兄弟で入賞です。二人とも景品を貰いご満悦です<(`^´)>
入賞した作品がステージ前に飾られました(色味加工)
刳り貫いた部分から良い感じに光が漏れてます(加工なし)
いよいよ楽しかったイベントも最終日となりました。
最終日は朝から森の散歩イベントがあり子供達はそれに参加です。もぐもぐ散歩と言う企画で焼き芋を食べながら森を散歩するのですが、定員オーバーで予約が間に合わず我が子達はただの散歩になりました。1時間ほどで子供達が戻ってきたのですが、その手には焼き芋を持っているではありませんか!?「余ってるから食べたい人は持って行って~」と言う事だったらしいです。チェックアウトまでの時間がちょっとバタバタしそうだったので、追加料金を払ってレイトチェックアウトの手続きをしました。約3時間の延長です。のんびり撤収作業をしながら、閉会式に参加し、子供達をトランポリンで遊ばせ、昼食を施設内のカフェで済ませて時間が来たのでチェックアウトです。
 
決められた時間で動く事が色々あったので忙しい三日間でしたが、大満足のイベントでした(*^▽^*)
帰り道でツルヤに再来訪してお土産を物色したのは言うまでもありませんが・・・
 
最後に付け足しですが、星空と紅葉も堪能しましたよ~!!

格安キャンプ!!

2018-09-27
二年目に突入し少しずつ慣れてきたキャンプ人です。
自然を満喫キャンプに行ってきました。
前回のキャンプも自然を満喫な感じでしたが、今回はそれ以上でした。
 
今回の目的地は栃木県矢板市にある栃木県県民の森キャンプ場です。
キャンプ場のチェックインが13時からなので、その前にちょっとした寄り道をしました。
 
目的地のキャンプ場すぐ隣が塩谷町で、尚仁沢湧水(しょうじんざわゆうすい)と言う有名な湧き水スポットがあるので、『美味しい水で料理をしたい!!』と言う事で湧き水を汲みに行きます。場所は尚仁沢名水パークです。到着すると先客が2組いました。我が家はキャンプで使う分の水を汲むだけなので、2Lペットボトル2本しか持っていきませんでしたが、他の方々は大きめのタンクを沢山持って来ていました。湧き水が出ている場所ではお馴染みの光景です。給水出来る場所が数か所あるので直ぐに汲み終わりました。味の方は・・・美味しい天然水です。気の利いた事が言えなくてスイマセンm(__)m
 
水汲み後、キャンプ場と同じ施設にある森林展示館でネイチャークラフトが出来るのでそちらへ向かいます。到着後、ショッキングな事件に遭遇しました!!ネイチャークラフトの開催が”✖”になっています。担当者の予定が急遽変更になり開催出来なくなったとの事・・・残念。
そう言う事であれば、こちらも翌日やろうと思っていたオリエンテーリングに予定変更です。私も遠い遠い昔の小学生の頃、宿泊学習でやったのを思い出しました。受付にて参加者名簿を記入し、地図・鉛筆・コンパスを借りてイザ出発です。ちなみに参加費無料ですwww
息子は去年小学校でオリエンテーリングをやっているので、リーダーに任命しアイテムを一通り持たせます。地図の見方を説明し行先を指示させます。最初は曖昧でチンプンカンプンな指示を出していましたが、徐々にまともな支持が来るようになりました。子供の吸収力にはビックリさせられます。オリエンテーリングの途中で伝説の剣を発見したので息子に「抜け」と言ったのですが、「抜くときに怪我するから無理!!」と言われました。なぜ無理なのかは画像を見て下さい。
伝説の剣は山の神の祠でした・・・ 案内板を良く見ると『古河市』とあり何だ!?と思ったら、「古河 市兵衛」人の名前でした。(-_-;) 我が社は茨城県古河市に工場があるので、ちょっと過剰反応してしまいました。ちなみにこの方は古河財閥の創業者でした。
 
そんなこんなで無事にオリエンテーリングが終了し、キャンプ場へ向かいます。
 
今回のキャンプ場は、山の地形を生かした作りになっていて、車での侵入は不可です。到着後、チェックインを済ましリヤカーを借りて荷物を運びます。上り坂、下り坂、砂利道、ヘアピンカーブなどなど幾つもの難所を乗り越え、パパ頑張りました・・・2往復www 設営場所に到着し寝床と居住スペースを設置します。木々の間に設置するような形なのでちょっとした隠れ家気分です。ある程度設営が終わったら、子供達はキャンプ場内にある沢へ遊びに行き・・・案の定お友達作って帰って来ました。相変わらずです。
 
途中、結構強い風が吹いていたようですが、森の中で斜面を利用した地形のおかげか風の影響は受けませんでした。夜は若干気温が下がりましたが比較的快適に過ごせました。
翌日は10時チェックアウトなので、朝食と撤収作業でちょっと忙しい感じでした。
折角できたお友達ともお別れです。(^^)ノシ
お友達はもう一泊すると言う事で、駐車場までお見送りに来てくれました。何て良い子なんだ・・・( ;∀;)
 
そんな別れを惜しみつつも、我が家は昨日のリベンジでネイチャークラフトへ向かいます。
 
二日続けてのリヤカー2往復でグロッキーパパは、車の中で仮眠を取ります。なので、ネイチャークラフトの様子は何もありません・・・ただ、小一時間ほど経った後、何か笛の音が聞こえるなぁ~と思ったら、とちの実で作った笛を吹きながら我が子達が戻ってきました。♪~~~
チーズケーキとなめらかプリン
目的のネイチャークラフトが終わり続いてお昼ご飯に向かいます。
 
昨日立ち寄った水汲み場より更に奥に進んだところに、風だよりと言うカフェ・レストランがあるみたいなので行ってみます。
正式名称は、バリアフリー鉄道農園「風だより」と言う名前らしいです。名前からバリアフリーは簡単に想像できますが、鉄道って何だ??鉄道は・・・ミニ鉄道・・・そうです、遊園地や動物園などに良くある4両位の小さい電車です。子供が飽きない様になのか、ハンモック・ブランコ・そり滑り・大きなシャボン玉など遊ぶものが満載です。到着すると駐車場がいっぱいで、ミニ鉄道の運転手さんから「そこに寄せて縦列駐車でお願いします!!」って言われました。指示通りに駐車をし受付へGO!!受付にて予約有無の確認があり、予約が無い旨を伝えると予約者の状況を確認していただき、何とか入れそうと言う事でしばらく待ち入店しました。どうやら遠路遥々来られた方への配慮として、予約を推奨しているようです。オーナーさんの人柄が伺えます。(*^_^*)
メニューはパスタやタイ風カレーなどでどれも美味しく頂きました。料理が美味しければデザートも美味しい・・・私の持論ですが、それに間違いは無いと感じる美味しさでした。
 
さてさて旅の最後となりますが、いきなり出てきた温泉卵茹器!!これは何ぞや??
今回の最後の訪問先は、「矢板温泉 まことの湯」と言う温泉施設です。この施設は、貸しコテージやバーベキュースペース、無料の足湯などがある複合施設です。その中の温泉施設入り口横に画像の設備があります。生卵を持参すれば無料で利用可能と言う事です。
(昼食後、「道の駅やいた」に立ち寄り生卵ゲットだぜ!!)
持参した生卵を早速茹器へ投入です。27分で出来上がると書いてあるので、急ぎお風呂場へ!!
脱衣所で着ていた洋服を片付け、風呂上りの準備をし、いざと言う時にはすでにタイムリミット10分を切っていました。湯船に入る前に体を洗った時点で残り5分・・・湯船に浸かる事2分・・・お風呂を上がります。(><)
子供に卵を取り出しておくように先に行かせます。私もさっさと片付け子供と合流!!無事に取り出し完了です。温泉施設は堪能出来ませんでしたが、温泉卵は無事に出来上がっており帰宅後に美味しく頂きました。
 
今回は格安キャンプと言う事でお届けしてきましたが、実際何が格安なのかって言うと、もちろんキャンプ場の料金です。一般的なキャンプ場の1泊料金は5000円~10000円位です。(個人の経験則)ですが、ここは1泊540円です。5400円ではなく540円です。通常のキャンプ場よりは1スペースが狭い為、今回は2スペース借りました。それでも1080円です。荷物の運び入れがあり、キャンプ場主催のイベントがないなどの点を考えたとしても、この値段は大満足です。春夏限定でオープンするキャンプ場なのでまた来年になりますが、今度は2泊で計画するかも・・・
 

大きいものたち

2018-08-27
どうも。
管理人です。
 
今回はタイトル【大きいものたち】と言う事で、
大きな建造物を見てきたお話しです。
 
ちょっとした用事の為、急遽長野県松本市へ行くことになり、折角行くならと観光もしてきました。
土曜夕方出発、日曜帰宅の弾丸ツアーです。
往路は高速・有料道路関係は使用せずに一般道でひたすら向かい、途中、夕食あり、山越えあり、鹿ありで18時過ぎに出発し、目的地付近の仮眠場所についたのが夜中1時過ぎでした。
ここ最近で一番ヘビーな道のりだったかもしれまんせん(-_-;)
 
さて、本題です・・・
弾丸ツアーで【大きいものたち】を2つ見てきました。
 
1つ目は、黒部ダムです。
以前より1度は行きたいスポットだったので念願叶ってと言う感じです。
長野側の扇沢駅よりトロリーバスにてダムに向かいます。実は、このトロリーバスが今年ラストイヤーで11月30日をもって運航終了となります。来年からは電気バスになるそうです。
ダム到着後、展望台よりダム湖、ダム、放水を見て『おぉぉぉぉぉ~~~!!!』って感動したのですが、展望台から階段でダムに近づくにつれて音・大きさ・水量など迫力に圧倒されました。約60年前に建造されたものですがそれを感じさせない雄大さと力強さがありました。(゚д゚)!
 
2つ目は、松本城です。
松本市と言ったら松本城!!
各地に城跡や復元されたお城などは存在していますが、松本城は現存天守のお城の一つで国宝にも指定されています。物理的な大きさは黒部ダムには敵いませんが、見下ろす場合と見上げる場合で大きさの感じ方が違い、こちらも衝撃の大きさでした。(゚д゚)!!!
また、築城から現在に至るまで修復など多少手が加えられているにしても、400年以上経った建物とは思えない美しさを保っていました。美魔女www
 
松本城観覧後、上田市の温泉に立ち寄り帰路につきました。
復路は流石に高速道路利用です・・・
お疲れ様でした・・・オレwww
 
掲載画像はダムの放水と見上げた松本城です。
放水の動画もあるのですが家族の声が入ってしまっているので断念・・・
松本城も引きの画像があるのですが家族映り込みの為断念・・・

夏季休暇

2018-08-17
こんにちは。
ブログ管理人です。
今回は過去最高ボリュームにてお届けいたします。
尚、内容とボリュームは比例しないのでご了承下さい。
 
今年の夏季休暇は新潟にある大源田キャニオンキャンプ場に行ってきました。
このキャンプ場に行った理由は、近くに鱒どまりと言う川遊びスポットがあるからです。実は去年も同じ時期に来たのですが、直前に台風が直撃し激流で遊べませんでした。今年は台風直撃は逃れたのですが、現地朝方の天気予報が弱雨となっていました。嫌な予感を抱えながら前日夜に出発です。順調に進み日付が変わり山道に入ると、天気予報通り雨が降り始めました。天気予報通りと思ったのも束の間・・・大雨です・・・
大雨の中目的地近くにて車中泊にて朝まで仮眠です。数時間の仮眠の後、目的地鱒どまりに行き現地視察です。案の定・・・げきりゅうだよ~♪げきりゅうだよ~♪(byドリー)
と言う事で、急遽代替案を模索し塩沢つむぎ記念館に行ってきました。ここは、塩沢の織物の伝統技法や文化を紹介している施設となっていて、本物の機織り機にて機織り体験も出来ます。子供達は機織りや織物を使用した小物作りを行い楽しんでいました。急遽見つけた代替案でしたが貴重な体験が出来るユニークな施設でした。
いきなりドタバタしましたが、買い出しを済ませ無事にキャンプ場に到着しました。
今回のキャンプ場はいつも利用しているキャンプ場と違い、自然を満喫する事が目的のキャンプ場です。なので、車がテント脇に止められないので荷物運びからスタートです。家族揃っての共同作業いいですね。荷物運びが終わり設営も無事終了。子供達はミニアスレチックに遊びに行き、例の如く友達を作り戻ってきました。(このお友達とはキャンプ場にいる間はずっと遊んでいました。)
 
二日目・・・鱒どまりに再度アタックです!!
初日よりは大分水量も落ち着き遊べる段階になっていました。(^_^)v
結構な人数が遊びに来ていたので、私は川には入らずに川辺で一人たそがれ状態です。他の面々は、水鉄砲や浮き輪で遊んだり、飛び込んでみたり、魚を取ったりで大はしゃぎでした。なんだかんだでお昼を食べずに13時頃まで遊び、近くにあった共同浴場でお風呂に入り、スーパーにてお昼ご飯と追加の買い出しをしてキャンプ場に帰還です。帰還後は昼食~自由~夕食~花火~就寝ってな具合でした。(花火はお友達も参加でした。)
 
三日目は、お盆の入りなので朝食後、即撤収し実家へ直行でした。
 
新潟方面に出掛けるとセブンイレブンで関東地方に無い試みを見かける事がある。コーヒーマシーンから出てくるカフェラテは、関東地方がカフェラテ専用カップにコーヒーを注いでいた時に、新潟ではカフェラテがマシーンから直接注がれていました。今回は、飲むスイーツ氷なる物が販売されていました。作り方はコーヒーマシーンでミルクを注いで混ぜるだけといたって簡単です。値段は350円で他のコーヒー関係より若干高い金額ですが、有名カフェチェーン店のフローズン系ドリンクに引けを取らないおいしさでした。味は、ストロベリー、ティラミス、チョコレートバナナの3種類です。画像は二日目に飲んだストロベリーとティラミスです。三日目は実家へ直行と書きましたが、実はチョコレートバナナを求めて4件程セブンイレブンに立ち寄っています。無事に3種類頂きました。ごちそうさまでした。
カフェラテは遅れて関東地方へ導入されたので、飲むスイーツ氷も来たらいいなぁ~・・・来て欲しい・・・
 
長文最後まで読んでいただきありがとうございます。

BBQ

2018-07-23
今回は何と・・・ナント・・・南斗・・・
にわかキャンパーブログではありません!!
 
7月21日に古河工場敷地内にて開催されたBBQネタになります。
今回の会は、暑気払いやら、外国人実習生歓送迎会やら、7月バースデーやら・・・
色々乗り載りでノリノリなイベントとなりました。
ロケーションや業務の都合で交流が難しい環境の中、
全拠点から従業員が集まり大いに盛り上がりました。
 
ここ最近の酷暑もあり暑さの心配はありましたが、
体調不良になる人も出ず無事に終了する事が出来ました。
一生懸命地味~な水撒きをして下さった方がいたので、暑さに耐える事が出来ました。
(ありがとうございます・・・社長・・・)
 
最後に、買い出し、設営、調整など色々大変だったと思います。
中心になって動いて下さった古河工場の皆様ありがとうございました。
五十畑鋼管株式会社
〒130-0002
東京都墨田区業平4-5-14
TEL.03-3625-3200
FAX.03-3621-1591
 
TOPへ戻る